ショパン国際コンクールインアジア アジア大会

13日から一泊で再び新百合ヶ丘へ

いよいよ大詰め、ショパン国際コンクール インアジア

高校生部門のアジア大会の審査

本場ポーランドから、

スティルチンスキ先生、カヴァラ先生、シュヴィタワ先生

香港のクワォク先生

審査委員長の山上先生、芦田先生、鍵岡先生、財満先生、町永先生

素晴らしい先生方とご一緒に審査をさせていただきました。

全国大会を突破され、さらに磨きのかかった

39名の方の熱演を、ノーカットで聴きました。

緊張からか、全国大会の時のほうが絶好調だった方、

逆に、同じ方?と思うくらい進化していた方

朝一の演奏、順番、当日の出来などなど。。。

が結果を左右することもありますね。

コンクールは水物、改めて運もつき物だなあ、と。

スティルチンスキ先生が表彰式での講評で

「コンクールは、もちろん結果も大切ですが、美しい音楽、

美しいフレージングを感じ、味わうことがより大切です」

「音楽している喜びを心から感じて下さい」と。

ファイナルという舞台を気負わず、恐れず

むしろ、楽しんで

心から表現していた人たちの

演奏が

心に残りました。

最新の投稿
過去の投稿
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us